耐震性・耐久性

耐震性

基礎の補強

既存建物の多くは、布基礎と言って構造材が地面の湿気にさらされている基礎です。
ほかにも、湿気やシロアリによる腐食が考えられます。
これからさらに住み続けるためのリノベーションですので、建物を支える基礎の改修はもっとも大切な耐震工事といえます。
表面的な美観だけでなく長く住み続けるために、耐震性を重視した基礎の補強をいたしま

ベタ基礎工事

耐震構造

腐食している構造材はすべて取替えます。
長年住み続けた住宅の土台、柱は腐食が進み、ほとんど構造的な強度として役に立っていない構造材が多くみられます。
それらの構造材を全て取替えるか補強し、新築と同じ金物を使用して、現在の耐震基準に合った強い構造体へと生まれ変わらせます。

耐震構造のイメージ

土台

地面に一番近く床下という環境なので、湿気による腐朽とシロアリの食害という危険に晒されています。腐食した土台はすべて交換します。

土台交換工事のイメージ

壁の内部結露による湿気、お風呂などの水廻り部での湿気などにより構造材の腐食した部分がある場合は柱を交換または継木して、さらに金物で補強します。 湿気対策やシロアリ対策も施し、永く住み続けられる構造に改修します。

梁は柱の上に横たえて、屋根・棟の重みを受ける材木です。
十分な震基準に満たないと判断をした場合は梁を追加したり金物で補強します。

構造壁

壁は構造用合板に制震テープを使用し、建物全体を制震装置にします。
繰り返しの地震にも耐えられる建物にします。

免震テープのイメージ

剛床工法

厚さ24mmの構造用合板で床を剛床にします。

耐震補強

耐久性

シロアリ対策 -Sumi Under Protect-(アンダープロテクト)

シロアリ対策として防蟻剤には即効性のある薬剤が使用されている場合があります。
健康住宅でありながら薬剤を使用するのは・・・住まい手の健康と財産を守るため徹底的に研究された安心して使用できる防蟻・防腐材。
自然で優しい、環境を考えた木炭塗料。
それが『Sumi Under Protect』(アンダープロテクト)です。

アンダープロテクトのイメージ

アンダープロテクトの安全性

木炭と自然素材の中でもシロアリ防蟻・防腐効果の高い素材を厳選配合したアンダープロテクトは、優れた防蟻・防腐効果を持ちながら、公的機関にて人や環境に対する高い安全性も確認されています。

床下の工事をする作業者、住まい手の健康や住宅周辺全ての方への環境負荷を考えた、人や環境にやさしい塗料です。

アンダープロテクトのイメージ

大栄建設は、子供たちやお年寄り、住まい手の健康を考えた防蟻・防腐材の「アンダープロテクト」を標準仕様としています。

内部結露

壁内の構造体が結露するとカビや腐朽菌の発生原因となり、構造体の強度が落ちてしまいます。結露は温度差によって空気中の水蒸気が水滴に変わる現象です。構造体の強度を維持するためには、壁内の構造体が一定の温度で保たれ空気に触れていない状態をつくることです。
気密シーリングや発砲ウレタンの吹きつけ断熱により、構造材を結露から守り、耐久性を向上させています。

 

お問い合わせ内容
リノベーション資料請求

ご要望などあれば具体的にお聞かせください。

お名前

ふりがな

メールアドレス

ご住所

電話番号

※確認画面はございません。今一度、入力内容をご確認ください。

確認しました

プライバシーポリシー