スーパーウォール工法リフォーム

住宅性能において、日本は遅れていると言われています。

住宅の省エネルギー基準(省エネ基準)と呼ばれる法律が1979年に作られました。この法律は断熱性能等の性能向上により、消費エネルギー量に基づいて住宅性能を評価するもので改正のたびに厳しくなっています。しかし新築住宅の省エネルギー性能はあがってきていますが既築住宅は十分でなく、現在日本で現行基準に満たない住宅はおよそ90%を占めていると言われています。また無断熱の住宅がおよそ30%あります。

 

断熱性が省エネ基準に満たない事によるリスクとしてヒートショックがあげられます。
ヒートショックとは、室内の温度変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることを言います。
ヒートショックによる死者数は近年は5000人ほどと報告されていますが、入浴中の急死は病死とされることが多く実際には19000人に上るという推計もあり、
これは2020年の交通事故死者数2839人の6.69倍にも上ります。
ヒートショックなどの健康リスクに対しての対策として、各部屋間の温度を一定に保つ高気密・高断熱住宅が推奨されています。

 

 

スーパーウォール工法リフォームをご存じでしょうか?
スーパーウォール工法リフォームは、健康・快適な暮らしのために、今までは新築住宅でしか実現し得なかったトップレベルの断熱性能・気密性能、スーパーウォールリフォームパネルや天井・床・開口部断熱などを使用した高気密・高断熱住宅をリフォームで実現いたします。
現在の省エネ基準で建てられたリビングと脱衣所の温度差が約7℃に対して、スーパーウォール工法で建てられた家では約1℃まで改善が出来ます。
冬の寒さで朝起きるのが辛かったり、お風呂に入るのが億劫だったりといったお困りごとはスーパーウォール工法リフォームによって解決出来るのです。

 

もしお困りの方がいらっしゃいましたら、是非大栄建設にご相談下さい。
ご相談頂ければお客様のお悩みをしっかり解決し、理想の暮らしを実現いたします。